沿革

大正6年創業以来の事業沿革
1917年 (大正 6年) 山下平三郎 松江市和多見町で山下船具店を創業
1940年 (昭和15年) 合名会社 山下船具店となる
1942年 (昭和17年) 松江市伊勢宮町で島根船用品配給株式会社を設立 初代社長に山下幸一就任
1943年 (昭和18年) 島根船用品配給株式会社を島根船用品株式会社に社名変更
1948年 (昭和23年) 浜田支店を開設
1951年 (昭和26年) 旧本社ビルを新築
1955年 (昭和30年) 電機部を新設
1956年 (昭和31年) 境港営業所(現 境港出張所)を開設
1964年 (昭和39年) 鳥取営業所(現 鳥取支店)を開設
1967年 (昭和42年) 山下裕國 社長就任
1968年 (昭和43年) 電機部の冷暖房、冷凍冷蔵設備部門を分離して和幸冷温株式会社を設立
1969年 (昭和44年) 電機部の構内電話交換施設等の設計、施工部門を分離して和幸電通株式会社を設立
1971年 (昭和46年) 電機部の陸上無線部門を陸上通信部として新設
1973年 (昭和48年) 本店営業部を松江支店とする
1974年 (昭和49年) 浜田卸団地営業所を開設
1980年 (昭和55年) 本社社屋を新築移転
1987年 (昭和62年) OA機器部門を分離して、和幸情報システム有限会社設立
(現 和幸情報システム株式会社)
1988年 (昭和63年) 島根船用品株式会社を和幸株式会社に社名変更
浜田卸団地営業所を陸上通信部浜田営業所とする
1991年 (平成 3年) 浜田支店社屋を新築移転
陸上通信部米子出張所を開設
1993年 (平成 5年) 本社営業部を新設
1995年 (平成 7年) 陸上通信部門を情報通信事業部とする
舶用部門を海洋・環境関連事業部とする
2002年 (平成14年) 本社営業部をテクノ開発事業部とする
2005年 (平成17年) 機構改革によりテクノ開発事業部を海洋事業部に編入し、テクノ・海洋事業部とする
2008年 (平成20年) 山下裕國が会長に、洲浜興康が社長に就任
2011年 (平成23年) テクノ・海洋事業部を海事環境事業部とする
2011年 (平成23年) 山下裕國が会長兼社長に、洲浜興康が副会長に就任
2017年 (平成29年) 山下剛史が社長に就任